【メール便可,エディット,日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , 手帳・ノート , ノート,/,A6(EDI-NB07)【MARK'S,おしゃれ】,/delegative1382920.html,5mm方眼,人生を編集する手帳とノートのブランド「EDiT」,方眼ノート,EDiT,2冊まで】マークス,1155円,fia.unisma.ac.id,ノート,デザイン 【メール便可,エディット,日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , 手帳・ノート , ノート,/,A6(EDI-NB07)【MARK'S,おしゃれ】,/delegative1382920.html,5mm方眼,人生を編集する手帳とノートのブランド「EDiT」,方眼ノート,EDiT,2冊まで】マークス,1155円,fia.unisma.ac.id,ノート,デザイン 1155円 人生を編集する手帳とノートのブランド「EDiT」 【メール便可 2冊まで】マークス / エディット 方眼ノート A6(EDI-NB07)【MARK'S EDiT ノート 5mm方眼 デザイン おしゃれ】 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 手帳・ノート ノート 人生を編集する手帳とノートのブランド EDiT メール便可 2冊まで マークス エディット 方眼ノート 5mm方眼 MARK'S EDI-NB07 デザイン 信頼 おしゃれ ノート A6 1155円 人生を編集する手帳とノートのブランド「EDiT」 【メール便可 2冊まで】マークス / エディット 方眼ノート A6(EDI-NB07)【MARK'S EDiT ノート 5mm方眼 デザイン おしゃれ】 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 手帳・ノート ノート 人生を編集する手帳とノートのブランド EDiT メール便可 2冊まで マークス エディット 方眼ノート 5mm方眼 MARK'S EDI-NB07 デザイン 信頼 おしゃれ ノート A6

人生を編集する手帳とノートのブランド EDiT メール便可 2冊まで マークス エディット 方眼ノート 5mm方眼 MARK'S EDI-NB07 デザイン 一部予約 信頼 おしゃれ ノート A6

人生を編集する手帳とノートのブランド「EDiT」 【メール便可 2冊まで】マークス / エディット 方眼ノート A6(EDI-NB07)【MARK'S EDiT ノート 5mm方眼 デザイン おしゃれ】

1155円

人生を編集する手帳とノートのブランド「EDiT」 【メール便可 2冊まで】マークス / エディット 方眼ノート A6(EDI-NB07)【MARK'S EDiT ノート 5mm方眼 デザイン おしゃれ】
















商品名【メール便可 2冊まで】マークス MARK'S / エディット EDiT 方眼ノート A6サイズ(EDI-NB07)【A6 ノート 5mm方眼 デザイン おしゃれ】
メーカー国日本
メーカー名マークス / MARK'S
仕様■サイズ:H151×W109×D15mm(A6サイズ)
■ノート中面:A6変型(148x105mm)
■重量:181g
■素材:紙
■イタリア製PU貼
■中面:5mm方眼罫
■サテンリボンスピン1本付
■平ゴム付カバー
■PP袋入
■カラー:ミッドナイトブラック・ターコイズブルー・アプリコットオレンジ・オールドローズ・オリエンタルレッド
備考●EDiTは、「人生を編集する」●

「人生を編集する」をコンセプトに、毎日をクリエイティブにするパートナーとして、シンプルかつ機能的なアイテムを開発し続けてきた手帳&ノートブランドです。
EDiTの手帳コレクションの中でも発売以来、定番として高い人気を誇るイタリア製PU素材を使用したカバー「スープル」が「方眼ノート」になりました。
これからの大人の新定番ノートとして、ビジネスシーンでさりげない品のよさを演出します。
ジネスノートでは黒やネイビーなどスタンダードカラーが主流のなか、手帳のようにお気に入りの色をセレクトできる、豊富な5色のカラーバリエーションです。ビジネスユースにマッチするA5、B6サイズと携帯に便利なA6サイズの3つのサイズが揃い、 用途やシーンに合わせて、色やサイズを選べます。

おすすめ商品

人生を編集する手帳とノートのブランド「EDiT」 【メール便可 2冊まで】マークス / エディット 方眼ノート A6(EDI-NB07)【MARK'S EDiT ノート 5mm方眼 デザイン おしゃれ】

0
このページの本文へ移動

こよみを知る

くらしのこよみ

毎日少しずつ存在感を増してきた北風が、木々の枝から枯れ葉をすっかり吹き飛ばしてしまいます。風が吹き止んだときにふと現れる、寒々と枯れ果てた景色に、不完全なものへの美を見いだすことも、日本人が育てた大切な感性のひとつといえるでしょう。「枯れ、冷える」ことをやがては「わび」、「さび」の世界へと昇華させていったいにしえの茶人の世界に思いを馳せてみたい季節です。
©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

政策

組織別から探す